風俗王におれはなる!

京成線沿線の風俗を極めるためのサイト。
上野、日暮里、船橋などの京成線沿線を股間の赴くままさまよい歩く。
風俗王になるために。

初めて性に目覚めたのは、まだ戦隊ものを夢中になって見ている幼少期だった。
ちょうどチェンジマンが放映されているときだ。
伝説の聖獣をモチーフにしたヒーローたちが悪の組織と戦う話だ。
赤のリーダーはフェニックス。青がペガサス。そして、白がマーメイドで女性だった。
全身白タイツに覆われたヒロイン、他の隊員とは違いおっぱいのふくらみがある。
その時は気づいていなかったが、潜在的は着々と性的な衝動が目覚め始めていた。
そして、ある晩のこと。夢にマーメイドが現れた。
マーメイドは悪の組織に捕まり、敵の幹部に拷問らしきことを受けていた。
まだ、セックスのことさえよく知らなかったときだ。
敵の幹部は、ひたすらマーメイドのおっぱいを責めていた。
目が覚めると、何かが変わっていた。もう、今までのようにはヒーローものが見れなくなった。
それからは、近所を徘徊してはエロ本を探し着々と知識を得ていった。

思春期に入ると、女への欲望はすっかり成熟していた。何をしたいかも明確になった。
そして、学校での自分の立ち位置もだいぶわかっていた。欲望の成就は容易くなかった。
ある時、同級生がバイト先の先輩と金町のソープランドで童貞を捨てたという話を聞いた。
まさに光明がさした瞬間であった。己の進む道がはっきりと見えた。
そう、おれはこの京成線沿線の風俗に誰よりも長けた存在になると。
そう、風俗王におれはなる!

コメントを残す