千葉県のなかでも繁華街としても有名な船橋。

交通の便も良く、東京へすぐ出れるので、人口も多い。

夜の船橋はまた違う顔を見せる。

特に京成線船橋駅の裏は、昭和っぽさが漂う雰囲気とDEEPな感じがする。

風俗やスナックも多く歩くだけでも楽しめる。

こないだ、歩いていたら、お好み焼きガールズバーを見つけた。

お好み焼きとガールズバーをミックスさせるとはかなり珍しい。

可愛い子も多そうだし今度行ってみよう。

上野でラウンジに行ってきた。
ラウンジとはキャバクラと同じシステムだが、
在籍している女が皆素人らしい。

飲み屋ではなく、素人女と出会える場所って設定だ。

これが本当にいまいちだった。
まずキャバクラ嬢ではないため、話も盛り上げないし、接客もしない。しかも料金がバカ高い。

あくまで店に雇われているわけではない設定なのでこいつらなにしてんだ?って疑問が出てくる。
それを女に聞いてみたら、「出会いを求めて」とあからさまな嘘をついてくる。

キャバクラも決して好きではないが、まだ腹をくくって接客している感がある。ない娘もいるが。
あくまでも設定だけの素人女は、はっきり言って玄人女より性質が悪いことに気づいてすぐ退散した。
楽しみ方が全然わからない。

上野サンキューヘルスでリベンジを誓い、
今回もチャレンジしてみた。

またデブ。今回は痩せれば可愛いかもっていう背の小さいデブちゃん。

正確、プレイは普通。

プレイ後女と話していると
なんとサンキュー自体がデブ専門の店から大量に女の子を引き抜いたらしい。
なるほどと納得した。

デブ専門店から引っ張った女が多いから、デブばっかりなのは当たり前のことだ。

サンキューは確かに低価格だが、地雷だらけで普通の子に当たったことがない。

妙に納得できた。

上野には風俗を始め飲み屋が腐るほどある。
昭和っぽさがあり、酒飲みには愛されている街だ。

しかし治安が悪い。特に中国人が酷い。
彼女らには遠慮や可愛そうという感情はない。
客は獲物。搾り取るだけ搾り取る方針だ。
飲みや街近辺に出没して、酔っ払いを狙っている。
こないだのニュースは衝撃的だった。

酔って判断が付かない男に2人がかりでATMを使って金を巻き上げる映像が流れた。
あれをやられたらもう手の打ち様がない。
酔っ払って覚えていない男を狙う姿は完全に犯罪だ。
やはり酒の飲みすぎには注意が必要だ。

上野の中国人飲み屋も危ない

風俗がもっぱらの主戦場であるが、たまにキャバクラに行く事がある。
しかし、キャバ嬢を落としたことは1度もない。
ていうより、あきらめている。容姿に関しては15歳で見限った。

ただ知り合いのキャバクラ中毒はキャバクラで100人斬りをしてる。
彼は、純粋なキャバクラ嬢専門キラーで、デリ嬢やピンサロ嬢は獲物としない。
齢、40歳。
とりわえ顔がいいわけではない。
ただ、でかい。身長は185センチはある。
がたいもいい。85キロはあるのではないか。
巨漢一歩手前といったところか。
常にセカンドバックを持ち歩き、財布の中には万札が50枚。
普通のサラリーマンではもちろんないが、かといって筋ものでもない。

彼の武器は、その体格と雰囲気を活かしたはったりだ。
獲物は常にその店の、ナンバー2か3。
すぐに指名をし、ドンペリを入れて、はったりをかます。
そして、第一声は「今度同伴しよう」。
これがH同伴で、飯の前にホテルに寄ることも嬢に納得させる。

トークは完全にうそでかためる。
六本木に本社があるITベンチャー企業の社長のように振る舞う。
気に入ればもっと金を使うそぶりを見せる。そして定期的に通う事も約束する。
血液型もB型だがA型と偽る。
そして、テーブルを拭くなどの几帳面さもアピールする。
そうして約束は守る男だと思わせるのだ。

売上げが厳しい女は、先行投資と考えはじめる。
当然きっぱり断ることもできるが、他の女の子に移られたくない。
店自体変えられてしまう。
そうして身を差し出す。

そして男はまた別の店へ。
金がなければ出来ない芸当ではあるが、だらだら搾り取られるなら、この手を使ったほうがいい。

風俗ばかり言っていると、必ずやってくる波がある。
それが素人への欲望だ。
とはいえ、金さえ払えば誰でも受け入れてくれる風俗とは違ってそう簡単ではない。
当人のスペックが影響する。
そして、何よりゴールへの手順がめんどうだ。

そこで、重宝するのがお見合いパブだ。
はっきり言おう。
お見合いパブのアダムとイブはアツい。
素人と、割り切り以外で関係を持とうとしたら、1番良い場所だろう。
下手な合コンは比較にならない位、アツい。

知り合いのお見合いパブ中毒はここで100人は食っただろう。
そしてそのまま結婚してしまった。

ただ、お金はかかる。
総費用は風俗を上回るだろう。
そして何より引きが必要だ。
自分のツキを確認するにはもってこいの場であろう。

ギャンブルの要素に近いものがある。
要はいいヤリマンと出会えるかだ。
そしてライバルももちろんいる。
そのライバルたちとの牽制もおもしろい。
男なら一度は行くべき場所なのだ。

これも充分に楽しめるだろう。

時によっては風俗より気になることがある。
それが阪神タイガース。

今年のペナントも終盤に差し掛かってきた。
ペナントレースの天王山でもある夏場を越えて阪神は巨人に次いで2位につけている。
確かに好調の阪神タイガースだが、あえて苦言を呈したい。
阪神の弱点は大型補強ばかりしていて、若手を育てないことだ。
これは問題で、やはり若手にチャンスを与えて、どんどん失敗しても出場させて
経験を積ませる。これが大事だろう。

このやり方を見事に成功させているのが広島カープだ。
広島の選手達はしっかり実績を出して、歓楽街である広島でキャバクラに行ったり、風俗に行ったり楽しんでいるらしい。
始めは、名前も知らないような若手を辛抱強く使って、
今では球界を代表する名選手にまで成長してる。
阪神も見習うべきだろう。
特に大金をはたいて加入させて、結果失敗した大物選手達。
今の代表格は福留だ。

打てないなら外すべき。そしてその穴に若手をどんどん使うべきだ。
今年たまたま西岡が怪我をして、上本が起用されて大活躍した。
これによって、レギュラーが定着してた西岡とも競争させて

ますます巨人のような激しいレギュラー争いが生まれてきて、
それがチームとして強くなっていくということだろう。
鳥谷が好調なのも、若手が調子良いのが影響してるはず。
今年は珍しくというか、初めてガンガン若手を使っているが、
今後ももっともっと若手を起用して、古株の選手でも
ダメならすぐ2軍に落とす位の意気込みでやって欲しい。
打倒巨人を掲げるなら、そこは登竜門だ。
頑張れ阪神タイガース!!

風俗行かないときはもっぱらネットでエロ動画鑑賞の風俗王です。
ただいま、一仕事おえて賢者タイムに突入したので、急にデジタル社会に警鐘を鳴らしたくなった。
こんなエロ動画が気軽に鑑賞できてしまうなんてけしからん。
パソコンや携帯など、確かに便利な世の中になった。

ただ、頼りすぎるのはよくない。
携帯もいざというときは使えないことが多い。
震災の時など、全く通話が出来ない状態だった。
エロ動画を携帯で見ようとしたら、ロード時間が長過ぎて役にたたないこともあった。

ネットの進化に法整備が追いついてないのも問題だ。
インターネットでの匿名での中傷は目に余る。
あれほど人間の醜い姿が簡単に見れる者はない。
一歩引いて見るぶんには楽しい。
だが、最初はそのつもりでも気づけば引き込まれてしまうのが恐ろしいところだ。

プライバシーが筒抜けになることも問題だ。
携帯電話の進化によって交際相手や配偶者の動きが丸分かりになってしまう。
浮気はもちろんキャバクラや風俗に行ったこともばれやすくなった。
なんでもかんでも便利なのはよくない。

まぁ、色々言ったが今一番楽しみなのはメガネみたいのつけて3Dで映像が見れるやつだ。
あれの優秀なアダルトソフトが出るまではまだ死ねない。
急げよ!テクノロジー。

風俗はさまざまな変態どもの欲情の抑止力となる。
痴漢もその一つだ。
そして、もう一つがロリコン系性犯罪だ。

ロリコン系性犯罪はは痴漢よりさらに輪をかけて卑劣なこういだ。
大きなお友達がが中学生や小学生に性的ないたずらをする。
それに留まらず、誘拐や強姦、そのまま殺人に発展する場合もある。
子供がいる親には、耳をふさぎたくなる話だ。

そもそもロリコンとはなんなのか。
純粋に幼い子どもにしか欲情しない真性も中にはいるだろう。
しかし、ほとんどは同年代に相手にされない。
もしくは、同年代と向き合うのが怖い。
それで幼い人たちに目が向かうのではないか。
はっきり言って、社会的にも身体的にも、自分に自信がないからだろう。

幼い子には傷つけられことはない。
また、幼い子なら自分の思い通りにできるというゲスな考えだ。
おまけに、幼い子は純粋だから己を正しく見てくれるという勘違いだ。

しかし、ようく考えてほしい。
いや、思い出してほしい。
小学校のクラスにいたかわいい女の子は、はたして自分のことを好きだったろうか。
その子が好きな子はクラスで一番足の速い男の子だ。
決して大人になってロリコンになるような男のことは好きにならない。
子どもは確かに大人より純粋だ。だが、純粋ゆえに残酷だ。
子どものほうこそ、容姿が悪い人間には露骨に不快な感情を見せたりする。
大人の方がむしろ、容姿にとらわれず中身をみれるものだ。
ロリコンの人は10回は行ってみよう
その中で当たり外れはあるかもしれないが、一回は癒してくれる嬢に出会うだろう。
そしてはまろう。それこそが正しい大人のゲス道の歩み方だ。

今ニュースなんか騒がれている脱法ハーブ。
薬事法がどーのとか、言ってても始まらない。
それとこれとは話しが別なのだから・・・

ハーブは快楽の為に吸引してるわけで、実際の病気や怪我で苦しむ人の為に本当に薬を研究しているような人達の為にある薬事法なんかとは
根本的に話が違う。

あくまでも鑑賞用だからオッケーとか訳分からん。

上野や日暮里でも簡単に購入は出来るし、良く風俗で抜きに行く前に吸っている馬鹿も多いらしい。

全面的にしっかり禁止にして、もう売れない状態にして
購入も出来ない感じであれば問題にはならないだろう。